カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • 死についての知恵

    2017年9月24日 ヨブ記28:23-28、テサロニケ一4:13-18 関 伸子 牧師  今日は、先に天に召された方々を覚えて礼拝をささげています。召天者名簿が配られました。その名簿にある方たちは、この礼拝堂で共に礼拝をささげられた、私たちが親しくしていた方、愛する家族でした。死は突然やって来て、愛する者を私たちから奪っていきます。愛する者の死は辛いもので、文字通り、自分の体の一部を失うようなものです。寂しく、辛い、大きな喪失感を覚えます。しかし、死は必[…続きを読む]

    キリストは今ここにおられる

    2017年9月17日 詩94:1-19、マタイ18:15-20 関 伸子 牧師  私たちが、信仰を求め、あるいは信仰に生きようとする時、おそらく誰もが心の中に一度は抱く問いに、イエス・キリストが本当に生きておられるかという問いがあります。しかもそれは、昔、二千年前に、ユダヤの地、パレスチナの地に、イエスという一人の歴史的な人物として生きておられたかどうかということにとどまらないのです。大切なことは、主イエスが、今私たちと共におられるということです。  祈り[…続きを読む]

    神の支配を見る知恵

    2017年9月10日 ヨブ記28:20-28、マタイ13:31-52 関 伸子 牧師  主イエスは、いつも旅をしておられました。その伝道の期間は、短いものでしたけれども、ほとんど集中的に旅をなさったのです。しかし、一人ではなかったのです。弟子たちと共に、です。「弟子」という言葉は「学ぶ者」という意味の言葉です。  52節には「学者」という言葉が出てきます。元の言葉で言えば「これ、この事を学んで知恵を得ている者」、ぐらいの意味です。天国のことを学んだ学者、天[…続きを読む]

    悪魔と戦う知恵

    2017年9月3日 ミカ7:1-10、マタイ13:24-43 関 伸子 牧師  今日、私たちに与えられている、この譬え、つまり「毒麦の譬え」は、他の福音書に記されていません。中間の31節以下にある、「天国は、からし種のようなもの」というのは、小さなものが一挙に膨らんでいく姿に似た、神の支配のみごとな発展を示します。小さな種が、すくすくと伸びて枝をはるように、伝道は、すばらしく進展するのです。しかし、それと同時に、このマタイの教会の人びとが知っていた、もう一[…続きを読む]