カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • キリストに出会うために

    2018年12月30日
    イザヤ書61:1~11、マタイによる福音書2:1~12 
    関 伸子牧師

     マタイによる福音書のクリスマス物語には、救い主の誕生を祝うためにはるばる東方から旅をしてきた占星術の学者たちのことが語られています。言うならば諸国の代表として神に呼び集められた人たちです。

     この物語を読んでいくと、学者たちは救い主への贈り物として黄金、乳香、没薬を携えてきたと伝えられています。これらはいずれもその時代にあっては高価な品物で、薬品や化粧品、また薬味としても用いられたといいます。

     彼らは自分たちがどこに行くのかということすら知りませんでした。これは不思議なことであり、この学者たちの旅はあまりにも頼りない旅だったと言わなければなりません。人生を旅にたとえることは、キリスト教のみならず、さまざまな宗教や哲学、また文学などの世界でも行われてきました。旅というものは、ふつう目的地や旅程が決まっているものです。目的も、見通しも、計画もはっきりしないまま歩き出さなければならないような旅は、私たちを困惑させます。けれども、実に困ったことに、実際の人生の旅とは、そういうたぐいの旅にほかならないのです。

     私たちは目的や見通しや計画を立てた上で、この世に生まれてきたわけではありません。気がついてみたら生まれていた、というのが実態です。気がついてみたら旅に出ていたのです。みなさんも、主イエスに出会ったことにより、生き方が変わり、自分のため、から人びとのための歩みへと変えられ、仕事、ボランティアなど様々なことに召し出されたのだと思います。そのなかで、共に働く仲間が与えられてきたのではないでしょうか。

     さて、マタイによる福音書の東方の学者たちの物語には、ひとつの星が登場します。目的地も、旅程も、贈り物を贈る相手すらも分からないこの頼りない旅路を行く学者たちを、この星が導いたというのです。星が導くというからには、おそらく、この人たちは夜しか旅ができなかったのではないでしょうか。暗く見通しのきかない中を、足下も不安定なまま、つまずいたり転んだりしながら一歩一歩進んでいくのが、彼らの夜の旅路です。人生の旅を進んでいく時、私たちはただひたすらに前を見つめ、がむしゃらに闇の中に進むべき道を探そうとします。
     けれども、このクリスマスの物語の中で聖書が語っていることは、ただひたすらに前を見るということではなく、まず「星を見る」「天を仰ぐ」ということです。詩編の中でひとりの詩人は、天を見ながら歌います。「あなたの天を、あなたの指の業を/わたしは仰ぎます。月も星も、あなたが配置なさったもの。そのあなたが御心に留めてくださるとは/人間は何ものなのでしょう。人の子は何ものなのでしょう、あなたが顧みてくださるとは」(詩編8:4-5)。

     変わることなく大きく開かれた天、そこにちりばめられた星々に、昔の人々は神のみわざを見たのです。天を仰ぐことによって、この詩人は、世界とその中に生きているすべてのものを支えたもう神の大いなる恵みを見たのです。人間の手のわざではなく、神のわざに目を注ぐこと。それは天を仰ぐ、ということであり、星に導かれる、ということです。それは、私の人生が、恵みと憐れみにと富む神の手の中にあることを信じ、感謝する、信仰者の姿なのです。

     さて、先ほども触れましたが、星に導かれて歩んだ東方の学者たちは黄金、乳香、没薬という贈り物を携えていたといいます。この贈り物については、その当時の価値あるものを献げて救い主の誕生をお祝しようとしたのだという解釈がふつうですけれども、ある説によると、これらのものは実は学者たちの商売道具だったともいいます。それは、彼らのそれまでの人生を象徴するもの、彼らのそれまでの生き方そのものをイエス・キリストの前に献げたということであり、さらにいえば、そうした過去の生き方を清算しようとしたことを表しているのではないでしょうか。
     エルサレムを出発してベツレヘムに向かう彼らは、故国で見た星を再び目にして喜びます。星の下では幼子が母マリアに抱かれています。この幼子こそ闇に輝く光です。彼らの喜びは幼子との出会いにおいて最高潮に達します。それは、真に礼拝することのできるものを発見し、身を献げるものに出会うことのできた者の喜びです。

     人を生かす王に出会った彼らは、もはや人を殺す王のもとには戻らず、「別の道を通って」帰途につきます。幼子と出会い、彼を礼拝することによって、占星術の学者たちは幼子が示す新しい道に向かって歩み始めたからです。彼らは、キリストと出会いたいと願うすべての人たちの代表です。確かに星は輝いています。

     クリスマスの出来事に立ち会うということは、私たちがこれまでの自分自身の生き方を清算すること、新しい生き方へ踏み出すことにつながっています。私たちも天を仰ぎ、星を見つめながら、それに導かれて夜の旅路を進んでいく学者たちの姿を思い浮かべてみようではありませんか。アドヴェントから始まる新しい年を、成長の年、決断の年、出発の年としましょう。洗礼のこと、召命のことも。神さまは私たちを招いておられます。新しい年、目を上げれば希望の星が頭上に輝いているのが見えるはずです。私たちはそれを見たからこそ、喜びにあふれ、こうして、ここに救い主を拝みに来たのです。お祈りいたします。