カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • あなたは誰を待っているのか

    2019年8月25日 ゼファニア書3:8-13、ルカ12:35-40 関 伸子牧師  今日のルカによる福音書第12章に記されている言葉、これは誰もが聞くべき言葉です。しかし直接、この主の言葉を聞いているのは弟子たちです。この弟子たちは、この後、伝道者となりました。皆それぞれ教会の柱になって生きたのです。いや、もうこの時既に、主イエスによって伝道に遣わされる経験を持った人びとです。  35節に「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい」と記しています。これは[…続きを読む]

    私の隣人とは誰ですか

    2019年8月18日 申命記30:1~14、ルカ10:25~37 関 伸子牧師  ルカによる福音書には、心に残る物語がいくつもあります。その中でも、一度聴いたら忘れられなくなる譬え話が、この朝、与えられている「善いサマリア人」と呼ばれることの多い譬え話です。この「善いサマリア人」の物語が、愛を語っていることは確かです。このたとえ話の真ん中、33節と34節に注目すべきみ言葉があります。半殺しにされて道端にうずくまる不幸な旅人にサマリア人がとった行動を述べる「[…続きを読む]

    後ろを顧みず

    2019年8月11日 列王記上19:7~21、ルカ9:57-62 関 伸子牧師  先ほどお読みしましたルカによる福音書第9章57節から62節の少し前に記されている51節から56節には、預言者エリヤを想起させる表現があります。それは、51節「天に上げられる」(王下2:11)、52節「先に使いの者を出された」(マラキ3:1,23)、54節「降らせて彼らを焼き滅ぼしましょうか」(王下1:10~12)の三つです。エリヤを彷彿とさせる表現を用いたのは、神の支配が今こ[…続きを読む]

    イエスに仕えた女性たち

    2019年8月4日 詩編97:7~12、ルカによる福音書8:1~3 関 伸子牧師  今日私たちに与えられているルカによる福音書第8章1節から3節は、短い箇所ですけれども、非常に興味深いところです。主イエスの宣教に同行した女性たちに言及している部分は、福音書の中ではここだけです。他の箇所では明らかになっていない主イエスの宣教の働きの全貌が、ここに現れていると言ってよいと思います。それは同時に、著者であるルカの教会の働きの全貌を示すものであったでしょう。そして[…続きを読む]