カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • 大きな恵みの事実

    2019年12月29日 ゼカリヤ書12:9~13:1、ガラテヤ3:23~29 関 伸子牧師  2019年が間もなく終わろうとしています。先週はみなさんとクリスマス礼拝をささげ、その後はすぐに新年の準備が始まり気忙しい日々を過ごしています。新しい年への希望を語る者もあれば、将来に対する不安があまりにも多く語られ、私たちは、人間が自分の手で自分の生活を確実なものにすることがどんなに難しいかということを嫌というほど味わいます。31日には紅白を見て、その後、多くの[…続きを読む]

    恵みと真理の言葉

    2019年12月22日 ホセア書12:1~7、ヨハネ1:1~18 関 伸子牧師  私たちは礼拝で「新共同訳」聖書を用いています。昨年12月、31年ぶりにゼロから翻訳した『聖書協会共同訳』聖書が発行されました。日本中会は先月の定期中会会議において、この聖書を公のもののひとつとして採用することを決議し、各教会での使用は教会に委ねることにしました。私たちは祈祷会や聖書会でこの聖書を用い、教会としても購入して2021年から礼拝で用いたいと小会で話し合いました。  […続きを読む]

    私は証しをする

    2019年12月15日 イザヤ書61:1~11、ヨハネ1:19~28 関 伸子牧師  今日のヨハネ福音書第1章19節は「さて、ヨハネの証しはこうである」という言葉から始まります。証しとは、ある事柄の事実性を確認し断言することですけれども、聖書では人間のほかに、神にも使われ、マラキ書第2章14節は、神は男女の結婚という契約の「証人」だとされます。また、神は預言者や律法を通して、ご自分が真の神であることを証しします。  「証し」という言葉のホームグランドは訴訟[…続きを読む]

    神の栄光をほめたたえる

    2019年12月8日 詩編147:12~20、ヨハネ5:31~47  関 伸子牧師   「あなたたちは、まだ父のお声を聴いたこともなければ、お姿を見たこともない」。ヨハネ福音書第5章37節に記されているこの主イエスの言葉は、この時主イエスを取り囲んでいたユダヤの人びとに対する言葉です。しかし、そのまま私たちにも当てはまることを語っておられます。私たちは主イエスの父である神の声を聴いたこともありません。姿を見たこともありません。それなのに私たちは神を信じるこ[…続きを読む]

    誰が神の真理を知っているか

    2019年12月1日 イザヤ52:1~10、ヨハネ7:25~31 関 伸子牧師  時は仮庵祭、出エジプト、特に荒野の仮の宿の生活を思い起こしながら、イスラエルの人びと、特にエルサレムの都にある人びとが一週間にわたって仮小屋に住んで、毎日神殿に出かけて行って祭りをしたその時です。その祭りの最中に主イエスが神殿で教えておられる。その姿を見てヨハネによる福音書第7章の25節を読むと、「これは、人々が殺そうとねらっている者ではないか。あんなに公然と話しているのに、[…続きを読む]