カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • イエスの焼き印を身に受けて

    2019年7月14日 イザヤ書66:10~14、ガラテヤ6:11~18 国立のぞみ教会 唐澤 健太牧師  「わたしは、イエスの焼き印を身に受けているのです」(17節)。パウロは手紙を閉じるにあたって、自分が何者であるのかを改めてガラテヤの人々に告げた。焼き印は英語では「ブランド」。その印によってどの店のブランドがわかるように、パウロは「イエスの焼き印を身に受けている」のだ。パウロは、わたしはイエスのものだ。もっといえばわたしはイエスの奴隷だ、と告白している[…続きを読む]

    天に湧きおこる大きな喜び

    2019年7月7日 出エジプト記32:7~14、ルカ15:1~10 関 伸子牧師   ルカによる福音書第15章は神さまのあわれみの章と言うことができます。今日の2つのたとえ、「見失った羊」と「無くした銀貨」に続いて父のもとに帰る「放蕩息子」のたとえを記しているからです。父である神は、罪によって失われてしまった人間を深くあわれみ、これを熱心に求め、ついに見出す。  先ほど、ルカによる福音書第15章のみ言葉に合わせて、出エジプト記第32章の7節から14節をお読[…続きを読む]

    わたしたちの力尽きる時に

    2019年6月30日 詩編91:7-16、ルカ8:40-56    関 伸子牧師  少し前のことになりますが、私が伝道師になった2012年4月から9ヶ月間、東小金井教会でお仕えしていました。10月に、市内にあるカトリック桜町病院の敷地内でKC-NET(小金井にある教会のネットワーク)のバザーが行われて、そこに初めて行きました。この病院は、カトリック司祭戸塚文卿神父が、1927年、貧しい人々のために開設した病院です。結核患者のために開設したナザレト・ハウスが[…続きを読む]

    私たちが招かれている

    2019年6月23日 サムエル下7:4~16、ルカ14:15~24 関 伸子牧師   今日私たちがご一緒に読むルカによる福音書第14章15節からの主イエスのたとえ話は、「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう」というひとりの人の言葉から始まります。この人は、ファリサイ派の議員の家で行われていた食事の席でこのように語ったのである。しかし、それにしてもなぜ、このようなことを言ったのでしょうか。  ここで主によって招かれていながらも拒んでしまっているの[…続きを読む]

    み翼の陰に

    2019年6月16日 詩編17:1~15、マタイによる福音書23:37~39 濱崎 孝牧師  詩編17編の「あなたの翼」、これは主ヤーウェの翼、口語訳聖書では「みつばさ」でした。詩の表題は、「祈り。ダビデの詩。」(1節)。信仰の詩人ダビデは、「あなた(主なる神)に逆らう者がわたしを虐げ/貪欲な敵がわたしを包囲しています」(9節)という苦境の中から、「瞳のようにわたしを守り/あなたの翼の陰に隠してください」(8節)と祈り求めたのです。14節には、「御もとに隠[…続きを読む]