カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • 主イエスの新しい掟

    2022年5月15日 詩編95:1~11、ヨハネによる福音書15:1~11 関 伸子牧師  主イエスは「私はよい羊飼いである」と言われました。今日の箇所では「私はまことのぶどうの木、私の父は農夫である」と語られます。この御言葉は聖書の中でも有名なものです。ヨハネの特色ある表現「私は・・・・・・である(エゴー・エイミ)」の宣言です。ぶどうとオリーブは、パレスチナ地方では、いたるところに栽培された植物ですから、聞く者にとってはとても身近なたとえであり、それだけ[…続きを読む]

    主イエスの新しい戒め

    2022年5月8日 レビ記19:9~18、ヨハネによる福音書13:31~35 関 伸子牧師  「さて、ユダが出て行くと、イエスは言われた。『今や、人の子は栄光を受け、神は人の子によって栄光をお受けになった』(31節)。今日のヨハネ福音書のテキストは、イスカリオテのユダの裏切りから始まります。ユダの裏切りがはっきりしたことによって、いわゆるイエス・キリストの受難がはじまります。その頂点は十字架の死です。ヨハネにとっては、今まで13章に渡ってイエスの言葉と業([…続きを読む]

    あなたを知る主イエス

    2022年5月1日 エゼキエル書34:7~15、ヨハネによる福音書10:7~18 関 伸子牧師  「よくよく言っておく。私は羊の門である」(7節)。主イエスは再び、「確かに、確かに」と語気を強めて語ります。かつて、イエスは「私はいる(エゴー・エイミ)」と言う神の名前を用いて、ご自分が神の子であることを示しましたが、この節では具体的に「私は羊の門である」と語ります。羊の門というのは、牧者が羊をそこから出したり、また導き入れたりするところです。その門を通るから[…続きを読む]