カンバーランド長老キリスト教会

東小金井教会説教

礼拝説教の要旨をご紹介しています

  • 〒184-0011

    東京都小金井市東町2-14-16

    0422-31-1279(電話・FAX)

  • すべての人の救いのために

    2018年12月9日 エレミヤ1:4~5、17~19、ルカ4:14~30 関 伸子牧師   今日、ご一緒に読みますルカによる福音書第4章14節に、「イエスは“霊”の力に満ちてガリラヤに帰られた」と記されています。主イエスがガリラヤに帰ってこられたのは、「イエスは聖霊に満ちて」(1節)、ヨルダン川で預言者ヨハネと出会って、天からのインスピレーションを受けた直後という、いわば充電のあとではなくて、ユダの荒れ野における苛酷な40日を過ごされた放電の後、”霊“の力[…続きを読む]

    救いが近づく

    2018年12月2日 エレミヤ33:14~16、ルカ21:20~28 関 伸子牧師  今日、私たちはルカによる福音書第21章に入り、主イエスの地上における伝道の歩みの最後の部分で、主イエスの言葉の一節を聞きました。「このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい」。主イエスは私たちの生きていく姿勢は、頭をあげて歩く、身を起こして歩く姿勢なのだと教えておられるのです。  私たちが、頭をあげる時とはいつなのでしょうか。たとえば、勝利したときでしょう[…続きを読む]

    パラダイスが近づく

    2018年11月25日 ハバクク書3:17~19、ルカ23:39~43 関 伸子牧師   この朝、与えられているルカによる福音書が語っている、主の十字架の記事を読んでいると、ここには、十字架におられる主イエスと、主と共に十字架につけられている、ふたりの犯罪人と呼ばれている者たちとの対話が記されています。  ここでは、十字架につけられている主イエスが、自分と一緒に十字架につけられている男に向かって救いを告げておられるのです。  それは、43節の「すると、イエ[…続きを読む]

    恐れることはない

    2018年11月18日 イザヤ書41章8節~16節、ルカ福音書5章1節~11節 荒瀬 正彦牧師(日本基督教団隠退牧師)    多くの人は貧しかろうと金持ちだろうと、共通した一つの飢え渇き、一つの貧しさを持っている。「何のために自分は生きているのか」。自分の存在に深い問いかけを向けるとき、私たちは自分が「生甲斐」に貧しく、「生きる目的」に飢え渇いていることに気づかされる。多くの場合、人は安直に目先の答えを求め、一本のワラを掴んで安心してしまう。  シモン・ペ[…続きを読む]

    救いの前ぶれが聞こえるか

    2018年11月11日 出エジプト記33:1~11、ルカ3:1~14 関 伸子牧師   今朝読んでいる、ルカによる福音書第3章以下は、聖書の勉強をすると、ここから主イエスの公生涯が始まると教えられます。芝居にたとえて言うと、序幕がすすみ、いよいよ本筋の物語が始まる幕が開くというところですけれども、この第3章を読んでいると、主イエスご自身の言葉が記されているわけではありません。  ここで語られるのは、まずユダヤ人の頑固さです。それに対して投げつけられる神の怒[…続きを読む]